【Udemy】返金してみた。対応が早くGood【気を付けるべき点も】

- Udemy × 学習 -
2020.05.12
udemyで返金/返品の方法
  • Udemyの動画を返金する手順は?
  • 実際の対応がどうだったか?
  • 返金されない場合ってあるの?

こんな疑問に答えてみます。

Udemyは購入から30日間の返金対応があるので、つい勢いで購入してしまった当分は勉強しないであろう講座を返品してみました。

結論、申請方法はとても簡単で、返金申請から5時間半で対応してくれました

Udemyは返金手続き方法が簡単2ステップ!

まず購入した動画講座の返金方法ですが、講座を購入するとその講座の動画プレーヤー内から「返金をリクエスト」対応が始められます。右上の3点マークですね。

Udemyの返金

そうしたら以下のように講座URLをフォームにコピペして送信するだけ。

Udemyの返品・返金

これで返金の申請は完了です。

メモ:

返品した動画は再び購入することもできます。

Udemyの返金・返品対応の速さ

午後11時半に返金ポチっとしたら、5時間半後に「返金処理は即完了したよ!」とUdemyサポートからメッセージが。

こちらとしては、ポチーッとして寝て起きたら終わってた感覚なので「仕事早ぇ」という感覚でした。

Udemyの返品・返金

5時間半後に返信。

Udemyの返品・返金

ただ、実際に銀行口座に振り込まれるまでには5~10日ほどタイムラグがあります。これはまぁ仕方ないですね。

なにやら英語でメールが来ましたが、こちらは返信も何もする必要ないので心配ご無用です。あとは待つだけ!

【注意】返金できない場合の条件

返金されないパターンもあるので念のため知っておいた方が安心。

詳しくはUdemyサポートの返金ページを見てほしいのですが、簡単にまとめると以下3点ですね。

  1. iPhoneアプリ上で購入すると現金での返金不可
  2. 購入後に全動画をダウンロードすると返金不可
  3. 長期間、何度も繰り返し返金を繰り返すとアカウント停止

①②③それぞれに該当する部分を引用しておきます。

iOSでのご購入: iOSからのお支払いはUdemyではなくAppleによって処理されます。したがって、AppleのApp Storeでアプリ内課金を使って購入されたコースについては、現金での返金はできません。その場合、返金ポリシーを満たしているご購入については、Udemyクレジットによる返金を行います。Appleの返金ポリシーの詳細についてはこちらをご確認ください。

返金拒否の理由

返金を申請する前にすべてのコースコンテンツをダウンロードしている場合は、申請が却下されることがあります。また、長期間にわたり複数のコースの購入と返金を繰り返している受講生は、返金ポリシーを悪用したとみなされ、アカウント停止の措置が下される場合があります。

意識的に注意すべきは、iPhoneユーザー。

特別な理由が無い限り、スマホアプリではなくWebブラウザからUdemyのWebサイトへアクセスして購入した方が無難です。

メモ:

以前は「Androidアプリからの購入は返金不可」と明記されていましたが、Androidアプリに関する記載が一切なくなりました。

Androidユーザーの方も、スマホアプリからではなくWebサイト経由で購入した方が、万が一の返金時にトラブルにならずに済み安心です。

返金申請を何回繰り返すとアカウント停止になるか等の基準まではさすがに分かりませんが、普通に利用していればそう頻繁に「返金申請したい」とはなりません。

「Udemy アカウント 停止」などで検索しても急なアカウント停止や返金トラブルはヒットしないので安心して良いかと。

Udemyの返金対応 まとめ

  1. 購入後の講座動画画面から、簡単に返金申請できる
  2. 申請後の対応はとても早かった
  3. Udemyスマホアプリから購入したり、悪意ある利用をすると返金されない場合もある

Udemyは頻繁にセールを行っているのでつい大人買いをしてしまいがち。

常識の範囲内でこの返金制度を利用して上手くやりくりしていきましょう。

Udemyで動画を探してみる ≫

Udemyをセール価格からさらに15%お得に購入して節約したい方は、以下記事も参考にどうぞ!

関連記事【節約術】Udemyのセール価格から更に10%以上安く買う方法がお得すぎる

↑TOP