【お手軽】運用監視ネットワークエンジニアがスキルアップする方法

- 転職/Skill Up -
2020.09.15
運用監視ネットワークエンジニアのスキルアップ

「ネットワークエンジニアとして運用監視の仕事をしているけど、技術的なスキルアップをしたい。でも、一人では何から手をつけて、どうやればいいか分からない・・・」

そんな悩みを解決します。

タイトルにもある通り、お手軽にできる方法で、パソコン以外必要なものはありません。ネットワーク実機とか必要なしです。

結論から書いてしまうと、

【スキルアップの方針】
ネットワークだけでなくサーバやクラウドの知識を身につけていく

【スキルアップの方法】
Udemy(ユーデミー)のオンライン学習動画を見ながら手を動かして学習する

という方法です。

Udemyとは、分野専門の講師が公開する動画講座を購入しオンライン受講できる学習サービスのこと。

セール時なら1講座1,200〜1,600円で購入可能で書籍1冊購入するよりはるかに安く、効果的なスキルアップが可能なので本当にオススメ。

Udemyでネットワークの学習

Udemy公式サイトを見てみる≫

ちなみに僕も、社会人デビュー直後の2012年から2015年までネットワークエンジニアとしての運用監視の仕事に従事していました。SES(客先常駐)、24/365で夜勤ありのシフト制。

当時、Udemyというオンライン学習プラットフォームはなかったので、過去の自分に向けたアドバイスでもあります。

夜勤から抜け出し、もう少しレベルの高い案件に参画したい・・・
思い切って転職したい・・・

そんな風に何かを変えたい、と思っているあなたあ事前準備なくすぐに始められます。ぜひ参考にしてください。

手軽にネットワークエンジニアとしてスキルアップできる時代に

僕がネットワークエンジニアになりたての頃は、以下のような研修を受けました。

  • CiscoのCCNAの学習をする
  • 会社にあるCiscoのルータやスイッチの実機に設定する

ところが、資格学習はたとえ合格できたとしても「いまいち身についている感覚がしなかった」ですし、実機は会社にいる研修時間しか触れず、自腹で自宅に揃えるには高くて手が出ず・・・という状況。

圧倒的に効率が悪かったんですね。

ですが、今では「クラウド環境」というものが整ったおかげで、資格に学習時間を割く合理性が薄れ、実機が手元に一切なくともインフラ構築の学習が【簡単に】始められる素晴らしい時代になりました。

またその影響で、ネットワークエンジニアとサーバエンジニア、インフラエンジニアの敷居がとても曖昧になってきています

ですので、今ネットワークエンジニアとして運用監視をやっているなら「ネットワークだけしか分からない」状態はマズいです。

「サーバもクラウドも勉強して分かる」という状態まで持っていけると、運用監視エンジニアから脱出しやすくなります。

では、具体的にどうやって始めれば良いのか。

本を購入するより安上がりで効果的な方法、それがUdemyの動画学習です!

Udemyの動画解説に従いながら学習するだけ

これからサーバ・クラウドを学習する時におススメの講座が2つあります。

  1. Linuxサーバーを自分のPC上で構築する講座
  2. AWSというクラウドサービスを使ってネットワークやサーバーインフラを構築する講座

以下で紹介する2つはベストセラーとして有名な講座なので、間違いない選択かと。

会員登録やログインなしで講座のプレビュー動画が見れるので、ぜひチェックしてみてください。

udemyのLinux講座
はじめてのLinuxサーバー構築運用入門 - コマンド操作がはじめてでも自分でWebサーバを構築できるオンライン講座 ≫

Udemyでおすすめのプログラミング講座
AWS:ゼロから実践するAmazon Web Services。手を動かしながらインフラの基礎を習得 ≫

Udemyの講座は、解説に従いながら実際に自分のPC上でも同じ環境を作っていくハンズオン形式となっています。

  • 本は何冊か買ったけど、読むだけになってしまっていた
  • 資格を取ろうとしてはいるけど、正直役に立つのか疑問に思っている

そんなふうに考えているあなたにハマる学習方法になります。

僕もUdemyでインフラ系の講座を購入し学習しました。学習動画は以下のようなイメージ。

ネットワークエンジニアのスキルアップ

書籍での学習はダメなのか?

ここでは「ダメ」と断言しておきます。

理由は「ほぼ確実に読むだけで満足してしまうから」です。僕が完全にこのパターンですね・・・。

Udemyで受講しつつ、分からない点はググるという方法が良いかと。

まとめ:運用監視でも独学スキルアップできる

Linuxサーバやクラウドの構築を、Udemyの講座に従いながら実践する。

お手軽ですね。

ここで実際に作ったものを自社営業や転職面談の際に見せることで、今の運用監視フェーズから脱出しやすくなります。「勉強してます!」という証明が物理的に可能になるためです。

僕が運用監視の仕事で夜勤をやっていた時は「このままじゃマズイだろ」という定期的に将来が不安になる波に襲われ続けました。

もしあなたも同じような状況である場合、Udemyでのスキルアップを現場移動や転職のきっかけにしてみてください。後回しにして後悔する前に!

「はじめてのLinuxサーバー構築運用入門」を見てみる ≫

 

↑TOP