テクニカル分析:POC/VAH/VALがサポレジになる実例

仮想通貨テクニカル分析

Point Of Control(POC)・Value Area High・Value Area Lowがサポートライン・レジスタンスラインとして機能することが多く、「このエリアを認識しておけば勝てたトレードになっていたかも」と後悔することがよくある。

なので、「どういう時にサポレジとして機能するのか」「どこからどこの範囲でPOCを見るべきなのか」の判断に慣れるために実例を集める。

主に、TradingViewの「固定期間出来高プロファイル」ツールで表示するPOC/VAHを利用する前提で書いている。

Point Of Control(POC)がサポレジになる実例

2021年10月25日 〜 29日のビットコインチャート

以下、1時間足のチャート。

POC/Point Of Control

上記矢印部分で強烈に上がった後、長い髭をつけて急激に下がっている。つまり、「上昇をはばむ何かしらのレジスタンス」があったことになる。

しかし、その上の日足レベルのレジスタンスにヒットしていないので、日足レジスタンスにリジェクトされたわけではない。

では何にリジェクトされたのか?

それが、POC。

POC/Point Of Control

現在よりも1段高い位置にあった前の山で形成していたレンジ範囲で「固定期間出来高プロファイル」を引くと、赤い線でPOCが表示されている。

この赤い線を中心としたゾーンがレジスタンスとして機能した結果、リジェクトされて下がった、と推測ができる状況。

POCにはほんのわずかタッチしていないけど、POCはあくまでも「最も取引量の多かった価格帯」なので、その線をピンポイントで捉えるのではなく、その上下に数十ドル(見る時間足によっては数百ドル)の幅をもたせた「レジスタンス"ゾーン"」として捉えるとよい。

Naked POC(nPOC) は特にサポレジとして機能しやすい

Naked POC(ネイキッド ポック)とは、

「まだ一度もタッチされていないPOC」

のこと。以下枠部分で形成したPOCは、矢印部分でローソク足がタッチしにくるまで一度もタッチされていないことがわかる。

POC/Point Of Control

このようなPOCのことを、裸のPOC=Naked POC/nPOCという。

1度目のタッチで強い反応を示すのが大きな特徴。

nPOCがレジスタンスとして存在するならタッチ後に強烈なリジェクトをする可能性が高く、サポートとして存在するならタッチ後に強烈な反発上昇をする可能性が高い、ということ。

1度でも触れたあとにふたたびそのPOCへ価格が戻ると、1度目ほどの強い反応が期待できない。

1時間足レベルのPOCよりも4時間足レベルのPOC、4時間足POCよりも日足POC、日足POCよりも週足POC、と上位足POCになるほどタッチ時の反応は強くなることが推測できる。

 

VAHがレジスタンスとして機能する例

2021/10/9にAll Time Highを更新したビットコイン。

ひたすら高値安値を切り上げ続けていて、「いつ上がり止まって高値安値を切り下げ始めるか」と注目していたところ。

以下、頂点をつけたあと少しリトレース。再度上を目指すか、という場面(○で印をつけた部分)。

▲フィボナッチ・リトレースメント0.618-0.66のラインにVAHが重なっていて、強力なレジスタンスゾーンとして機能し、弾かれたことが分かる。

▼その後、再度上を目指すも再びフィボナッチ・リトレースメント0.618-0.66のラインにVAHが重なるレジスタンスに弾かれ急激に下落。

▼今度はフィボナッチ・リトレースメント0.618-0.66をサポートにして上がってきたあと、フィボナッチ・リトレースメント0.618-0.66にPOCが重なるゾーンがレジスタンスとなり再度下落。

VAHがレジスタンスになるのか、POCがレジスタンスになるのか、それは状況によりけり。

VAHやPOCが単体でレジスタンス/サポートになるとは決して考えてはダメで、あくまでも「他のレジスタンス/サポートラインと重なることがあれば機能するだろう」と推論する材料になる。

↑TOP