ピッチフォーク:暗号資産(仮想通貨)チャートテクニカル分析

仮想通貨テクニカル分析

仮想通貨トレードにおいてピッチフォークの使い方の感覚をつかむために、「お、こういう時に効くんだ」という事例を集めていく。

暗号資産(仮想通貨)チャート ピッチフォークの事例集

ビットコインのチャート 2021/10/21~28

11月の最高値から25日安値/26日高値で結んだピッチフォークが完璧にレジスタンス・サポートとして効いている例。

ピッチフォーク

Warning Line(ピッチフォーク上限線のこと)をレジスタンスとして貼り付いた後、中心線に向けて急落、そして中心線をサポートにしてまたWarning Lineへ向けて上昇・ブレーク。

ビットコインのチャート 2021/10/26

ピッチフォークの変形タイプの「シフ・ピッチフォーク」が15分足できれいに機能した例。

ピッチフォーク

特筆すべきは、ピッチフォーク下限をブレイクした後に戻ってきて、下限で強烈にリジェクトされていること。

▼オリジナルのピッチフォークとシフ・ピッチフォークの違い

シフ・ピッチフォークは、オリジナルのピッチフォークに比べて緩やかなチャネルを形成するので、勢いが弱めのトレンドの時に適用する。

オリジナルピッチフォークは、強い上昇・下降トレンドの時に適用する。

また、「ピッチフォークは4時間足・日足といった上位足(Higher Time Frame)で機能する」と学習したけど、15分足でも使えることが分かったのが収穫だった。

↑TOP