【NEMガチホ】8.8円で50万円分購入。1,000万まで見守る

NEM(ネム)

2018年の1月後半以降、ビットコインを始めとした全ての暗号資産(仮想通貨)が大暴落。

一時は200万円を超えたビットコインの価格は2019年になると30万円台にまで落ち込みました。

NEM(ネム)をガチホ

ビットコインのチャート。価値は約1/6に

僕は2017年末にネム(NEM)とリップルに380万円もの大金を投資し、200万円に減らすという失敗をして、

もう暗号資産(仮想通貨)なんてコリゴリだ...

と痛感。暗号資産(仮想通貨)から手を引きました。

2018年初から1年と2ヶ月ほど経過。2019年4月になって、少し考えを改めて再び参戦してみようと決意。

特にお金の使い道もないので、50万円のNEMが1,000万円になるまでガチホしてみようかと考え購入しました。

過去200円超えのNEMが8円台に。ガチホ投資を決意

2017年末〜2018年初はビットコイン・暗号資産(仮想通貨)取引に関するニュースやCMを連日のように目にしていましたが、価格が冷え冷えに落ち着くとともに全く見なくなりましたね。

僕も暗号資産(仮想通貨)投資で痛い思いをしたことなんてすっかり忘れ、というか暗号資産(仮想通貨)なんてあったことすら忘れ、なんてことない日常を過ごしていたのですが...。

ふと、なんの前触れもなく

そういえば、今いくらになってるんだろう?

と思い出し、ネムのチャートを見ると衝撃を受けました(2019年4月時点です)。

NEM(ネム)ガチホ

は、は、はちえん...!?

NEMは200円超えフィーバー真っ盛りを経験していたので、8円まで下がってしまうものかと。

これはもしかして、チャンスなのか...?

と再び興味が湧いてきてしまったのです。

とはいえ、NEM購入はかなり迷った

200円の頃を知っていると、8円台というのは目玉が飛び出るほど安く感じてしまいます。

しかし、チャートを見て明らかなように、過去1年を通してずーっと下降継続しているんですね。

NEM(ネム)をガチホ

これ、今後1年もゆるゆると下がり続ける?8円でも高いのか...?

という感覚がぬぐいされません。

でも、上がるときには急激に上がるのが暗号資産(仮想通貨)。

「買い」注文をポチる決意をした理由2つ

  1. チャートが気になって気になって仕方なくなった
  2. なくなってもいい余剰資金があった

1. チャートが気になって気になって仕方なくなった

「NEM=200円時代フィルター」がかかっている僕の脳みそが、1年以上ぶりにチャートを見たら「8円」という価格になっているのを一度認識してしまうと、チャートが気になって落ち着かなくなってしまいました。

「今は買い?いや、まだ様子見?でもまた忘れたころに上がっていたら?」

...と心が散り散りになった日常生活に影響が出始めたので、もう買ってガチホしておこうと(^^;

2. なくなっても良いか、という余剰資金があった

2018年初に200万近くも失い資金的な余裕はなくなっていたのですが、1年真面目に働き、副業のブログでもそこそこ稼げるようになったので「全く使う予定のない貯金」が貯まり始めました。

そもそも僕は、投資もせずお金を使う趣味もなく、現金を銀行に眠らせているだけ。

もったいなくね!?って思い始めていたときだったんですね。

それなら夢のつまった暗号資産(仮想通貨)に投資してガチホでもしとくか...

1年2年してトンデモナイ価格に高騰してたらラッキーかな。

と考え、50万円なら消えても生活に影響はない範囲だと決め、えいやっと購入。

あとは待つだけ

2017年末は、少し上がったら焦って買い下がり始めたら焦って売りを繰り返して何度後悔したか分からないので、ずっとガチホールドをする予定です。

目標は1,000万円と書いたけど、万が一本当に1,000万円に到達したら到達したで「もっと伸びるのでは...!?」と欲が止まらなくなって利確できなくなりそう。

2021年、ビットコイン第2次フィーバーでNEMも8倍に

2019年4月に8.8円で購入してから1年9ヶ月以上もNEMのことを忘れていたのですが、「ビットコイン500万円到達!」というニュースを見てNEMのチャートを見るとビックリするほど高値に。

2021年2月には、一時70円台に乗るくらいにまで伸びました。

NEM(ネム)をガチホ

だいたい、2月末時点では50円台なかば〜60円台前半で落ち着きましたが、それでも資産額は50万円から7倍以上の351万円になりました。

NEM(ネム)の価格

63円の時の資産額

1,000万円への道はまだまだ先が見えませんし、このまま順調に価格が上がり続けるわけもありません。

ですが、一度「ガチホする。細かく売買はしない」と心に決めれば高騰にも暴落にも心は乱れず穏やかです。

「なくなっても問題ない余剰資金がある」
「銀行に寝かせているだけの現金がもったいないと感じている」

...というかたは、暗号資産(仮想通貨)を長期保有してみるという夢のある投資をしてみてはどうでしょうか。

関連記事【暗号資産(仮想通貨)投資】初心者が100万儲ける堅実な方法【失敗談から学ぶ】

 

↑TOP