【カフェイン断ち体験談】離脱症状が抜けるまでの8日間レポート

- 日常 -
2021.06.24
カフェイン断ちの体験談

【朝起きて】
エナジードリンク1本飲んでカフェイン160mg
【始業時間に】
カフェイン錠剤1粒でカフェイン200mg
【午後】
コーヒー1杯でカフェイン80mg

計:440mg/1日

朝も昼も午後もカフェインがないとやってられねぇ、そんな33歳僕。

どれくらいカフェイン愛好家かというと、エナドリのダンボールケースを山積みにするくらいの愛好家です。

サンガリア ミラクルエナジーV

1本60円で格安、160mgのカフェイン入りエナドリ

関連記事【最高】ミラクルエナジーVのカフェイン量リニューアル!味/価格も120点

ゴールデンウィークも近づき「これを機にカフェイン断ちにチャレンジしてみよう」と決心したので、離脱症状を克服するまでの記録を残します。

先に要点だけまとめてしまうと、こう↓です。

離脱症状で現れたのはこの6つ:

  1. 頭痛
  2. 無気力感
  3. 強い眠気:前日8時間寝ても眠い
  4. 体がダルい
  5. イライラする
  6. 気持ち悪い
  • 一番キツかったのは、2日目の頭痛
    → 上記6つの症状全てが同時に襲ってくる...
    → 3日目から、快方へむかう
  • 一番長続きする症状は「無気力感」
    → 娯楽すら楽しめない
  • 「離脱症状を抜けた」と実感できたのは:
    → カフェインを断って8日目

以降、1日ごとの日記形式で僕が感じた離脱症状がどう変わっていくのかについて詳しく書いていきます。

カフェインに依存気味だから、カフェイン断ちしたいと思ってるんだけど...

そんなふうに考えているかたは震えながら読むといい!離脱症状、最初はホントにツライぞ!

【カフェイン断ち】離脱症状が抜けるまでの8日間日記

初日から2日目がクライマックス。3日目からだんだん楽になっていった。

カフェイン断ち 初日

初日を3行でまとめ:

  • 昨日まで感じたことのない無気力感・頭痛・強烈な眠気・イライラ感に襲われた
  • 過去最大級の頭痛...
  • カフェインを摂りたい誘惑に何度負けそうになったことか...

「今日から絶対にカフェインを摂らないぞ...」

朝、7時20分。そう決心しながらベッドから身を起こす。

この時点で最後にカフェインを摂ったのが、昨日の昼15時ころでもう16時間ほど前。

昨日までは、平日土日関係なく、起きたらかならずエナジードリンクを1本飲んでいた。

ミラクルエナジーV

1本 160mg のカフェイン入り

だけど、今日は我慢して水だけ飲んで通勤電車に乗る。

席に座ってまず最初の違和感、それは無気力感

僕はこれまで3年半以上、電車に乗ったらかならずブログの構想を練り記事を書くことを習慣としてきた。自慢じゃないけど、1日たりとも欠かしたことはない。

それが全くやる気にならない。めんどうくさい。

結局何もできないまま駅へ到着してしまう。いままでは、朝起きてのエナドリカフェインでやる気・集中力を補充していたのだと実感した。

朝9時、仕事開始。

いつもなら、始業と同時にカフェイン錠剤を1粒飲んでいるところ。

myproteinのピュアカフェイン

愛飲していたマイプロテインのカフェイン

無気力感から解放されてやる気モードに変身したい気持ちを我慢するのはツライけど仕方ない。

「早く終業時間にならんかな...」

そんなふうに無気力感がある以外は何の問題もない。...そんなふうに思っていたら12時を回るころ第2・第3・第4の症状、頭痛 + 強烈な眠気 + イライラ感が始まった

この3つは、カフェインを摂取していた昨日までは絶対に感じなかったことだ。

カフェイン断ち1日目の朝が始まってまだ6時間たらずの昼時点で、

  1. 無気力感
  2. 頭痛
  3. 強烈な眠気
  4. イライラ感

これら4つの症状に悩まされることになる。

この中で一番ツラかったのが、頭痛。

人生30年以上生きててこんな強烈な頭痛経験したことねーぞ

ってレベル。

カフェイン断ちの体験談

時間が経つにつれ痛みが強くなる。

ぶっといキリで脳みそをつんつくつんつくされている感じの鋭い痛み。

18時に退社する頃には痛みがMAXで、頭が真っ二つに割れて何かが生まれてくるのかと思ったほどだった。

メモ:

実は、以前カフェイン断ちに一度挑戦したことがあり(初日で挫折)、

  • 無気力感・頭痛に襲われる
  • コーヒーを1杯飲む
  • 飲んだ直後に治る

という体験をしていたため、今回も何度も何度も「コーヒー...少しだけ飲んじゃおうかな...」という誘惑に負けそうになりました。

飲めば確実に離脱症状が治ることを知っていたので、我慢した自分エラい。

午後はもう夜までずっととにかく頭が痛くて痛くてツライなんてもんじゃなかった。

眠気も感じているけど、その眠気が頭痛にかき消されるレベル。

家に帰ってから何度もバファリンを飲んで頭痛を消し去ろうとしたけど、カフェインが入っているのでやめた。

いつもなら帰宅後に必ずPCを起動してブログを書くものの、頭痛でそれどころじゃないので20:30にはもう眠ることに。

せめてもの悪あがきに、カフェインレスコーヒーをアマゾンで注文して即寝。

初日終わり。

カフェイン断ち 2日目【最もツライ日】

2日目を2行でまとめ:

  • 頭痛はするけど軽くなった
  • 6重苦で激ツラ:頭痛+無気力+体のだるさ+眠気+イライラ+気持ち悪さ

朝、目覚ましがなった途端にさっそく頭痛を感じた...。でも昨日の夜ほど痛くはない。

「お?初日が一番ツラかったのかな?」と思えてこのままいけそうな気がした。

(もちろん後になってただの気のせいだったことが判明する)

通勤電車の中では、あいわらずカフェイン断ち初日と同様にブログを書く気にならない。まったくならない。圧倒的な無気力感は継続しているどころかヒドくなっている気さえした。

出社し働いていると、12時をまわったあたりから無気力感に加えて頭の痛み・体のだるさ・強烈な眠気・イライラ感が5重奏で襲われる

ていうか昨夜10時間は寝たはずなのに眠いとかどーなってんだ...!

簡単なプログラムを作るためコードを書いていたけど、集中できるわけもなくほとんど手をつけられず。

17時頃、終業間際にはこれに気持ち悪さも加わる。吐き気まではいかないけど、何かが胃にくすぶっているような気持ち悪さ。

無気力さ・頭痛・だるさ・強烈な眠さ・イライラ・気持ち悪さ。これらステータス異常が同時に発生する地獄よ...。気分は最悪だった。

まさかコロナにでもかかった?風邪ひいた?と疑って熱を測るも異常なし。完全にコレはカフェインの離脱症状だと悟る。

頭の痛みは初日がMAXだったけど、6重奏コンボ=これが2日目が一番ツラかったと感じた理由だった。明らかに初日よりもツラい。

特にツラい症状は「頭痛」と「気持ち悪さ」。

「あ〜〜、全然集中できねぇ〜〜」とか「体ダリィ〜〜...」「めっちゃ眠い...」っていうのは最悪ぼーっとして仕事をサボっておけば済むけど、頭が痛いのと気持ち悪いのはぼーっとするだけでもキツい。

家に帰ったら即寝したのは言うまでもなし。

2日目、終わり。

カフェイン断ち 3日目(土曜)

3日目を3行でまとめ:

  • イライラや気持ち悪さなど、不快な症状は良くなった
  • 初日・2日目以上の圧倒的な無気力感・圧倒的な眠気
  • エナジードリンクを飲みたい欲をカフェインレスコーヒーで鎮める

カフェイン断ち3日目は土曜日。結果的に、3日目からは症状が劇的に良くなっていったので生きる希望が湧いてくることに。

朝ぼんやり起きたものの、全然眠気が取れずに二度寝して起きたら昼の12時。14時間も寝た。

軽い頭痛を感じるも、初日・2日目にくらべればなんのこっちゃというレベル。

3日目に感じた離脱症状は以下3種で、気持ち悪さ・イライラ・体のダルさは治っていた。

  1. 軽い頭痛
  2. 圧倒的な無気力感
  3. 圧倒的な眠気

この日の敵だったのが、無気力感と眠気だ。

まず、僕は昨日までは

土日になればさすがにブログネタ考えたり書いたりするでしょ、そんなダラダラしてられないっしょ、平日仕事があるからやる気にならないんだよね...?

と考えていたけど、全くそんなことなかった。

マジで何もやる気がしない...!真面目にブログを書くどころか、気晴らしにアニメを見る気にすらならない。

Macを起動してもキーボードを触る気すら起きない異常な心理状態。

しかもしかも、14時間以上も寝たのに、3時間くらいボーッとしてたらすぐに強烈な眠気に襲われてしまう。

ここでエナジードリンクを飲んでしまおうかと死ぬほど葛藤した。

なぜなら、土日起きたらまずはエナドリを胃に流し込んでスイッチを入れる→ブログを書く、という習慣化がされていたから。

「・・・エナドリは我慢して、届いたカフェインレスコーヒーを試してみよう」と何とか我慢。

結果、カフェインレスとはいえ「ひさしぶりのコーヒーが臓器に染み渡る...!」という感覚がとても落ち着く発見。ないよりはマシだった。

しかし強い眠気を抑え込む効果はさすがになく、16時すぎにはもう眠ってしまうことに。

3日目、終わり。驚くことに、途中何度か目を覚ましつつも次の日の朝まで眠っていた...。

エナジードリンクを飲まない土日なんて、おそらく3年ぶりくらいだ。

カフェイン断ち 4日目(日曜)

4日目を2行でまとめ:

  • あとは、無気力感と眠気と戦うだけ
  • エナドリ・カフェイン錠剤を摂りたい欲が薄れてくる実感あり

朝起きる。さすがに寝過ぎた。頭痛はもうほとんどない。頭痛がしないだけで本当に楽だ。

体のダルさもない。イライラもない。気持ち悪さもない。

不快なステータス異常はほとんど改善された!

あとは、残るは無気力感と眠気。

昨日と同様に何もする気がしないけど、4日目にして「エナドリ飲みてぇ」「カフェイン錠剤飲みてぇ」という昨日まで心の底から沸き上がっていた欲望はないことに気づく

これは大きな変化だ...!

代わりにYouTubeでお笑いの動画を見る気力くらいは出てきた。

1日中、サンドウィッチマンとジャルジャルのチャンネルを見まくって時間を過ごす。

あいかわらず自己学習的なことに手をつける気にならないけど、カフェインへの渇望は薄れてきた感覚が嬉しい。

昨日は丸1日寝たのに眠い。夜10時を回るころにはもう寝た。

カフェイン断ち 5日目(ふたたび平日)

5日目を2行でまとめ:

  • 会社でも「カフェインを摂りたい...!」とは思わなくなった
  • 無気力感と眠気、これが治る感じがしない

朝起きる。頭痛など不快な体調不良はない。月曜、また今日から仕事。

あいかわらず電車内での無気力感は継続していて何もできず。つい寝てしまって有意義な時間を過ごせない。

でも、仕事が始まると「なんて気分が楽なんだろう」というのがまず最初の感想だった。

先週は、仕事どころではない5重6重の離脱症状に襲われていたので「ただ眠いだけ」というのはとんでもなく楽に感じたのだった。

それに体はもうカフェインを求めてはいる感じがしない。

「これはもうカフェイン離脱症状を克服しつつあるな」と確信する。

気になるのは「いつまでも無気力感が抜けない」「じゅうぶん寝ているのに夕方以降になるとすぐ眠くなる」という症状だ。

家に帰るとついダラダラとアニメを見てしまうし、以前は夜中の2時くらいまで余裕で起きてブログを書いていられたのに10時を回るともう寝たくなってしまう。

カフェイン断ち 6日目

6日目を1行でまとめ:

  • 5日目と全く同じ気分。無気力感と眠気、これがいまだ治らない

5日目と同じ気分で過ごし、特に変化なし。

カフェインを摂りたい欲はないものの、通勤時間・帰宅後の時間で"ブログを書こう"という気になれない。

ブログを始めて3年以上経つけど、1週間近くもブログで1文字すら書けないというのは始めての経験だった。

カフェイン断ち 1週間経過

7日目を1行でまとめ:

  • 5日目、6日目と全く同じ。無気力感と眠気。

あれ?これ軽いうつだったりする?

なんていうふうに、正直少し焦ってきた。

だって、毎日ネタをコツコツ考えては記事を書き、書いては消してを繰り返してきて完全に習慣化されていたことがまるまる1週間もできない。やる気にならない。

これははっきり言って異常事態だ。

カフェイン断ち 8日目【ゴール】

8日目を2行でまとめ:

  • 無気力感が少しずつ薄れ、ブログを再開する気分になった
  • 離脱症状だと思っていた"眠気"は離脱症状でもなんでもないことに気付く

朗報。起きたら何故か「よし、ブログ書くか」という気分になれた。

自分の精神上で何が起きたのかよくわからないけど、今日からいきなり電車の中でも集中して記事執筆に集中することができるように。

無気力感は1週間も長引いたけど、無事に克服できたもよう。

残るは"眠気"だけど、これも「解決」とみなすことにした。

ここ2, 3日で僕が自分で感じていた眠気の違和感は、

「夜10時を回ると今すぐ寝たくなる(カフェイン生活中は眠くならなかった)」
「夜中の2時3時まで起きれない(カフェイン生活中は起きれた)」

というもの。普通に考えて、カフェインを摂らなければ夜10時には眠くなるのが当たり前。カフェインに頼っていたこれまでがおかしかっただけ。

日中帯に異常な眠気を感じたのはカフェイン断ち4日目までだった。

朝6時台に起きて、夜10時台には自然に眠くなる。何とも健康的なことで。

・・・・・・

・・・

ここで、カフェイン断ち離脱症状の体験談はおしまいです。

「カフェイン 離脱症状」で調べると数日〜9日ほどと書かれていたので「3日くらいで治らないかな...」と期待していましたが、8日もかかってしまう結果に。

特に、無気力感が一番長引いたのでやっかいでした。

それでも、「絶対に抜けられないと思っていたカフェイン沼からは抜け出せる!」という成功体験が積むことができて一安心。

いやー、よく頑張ったぞ自分。

脱カフェイン後の精神面での変化

「常に何かに追われる焦り」がなくなった

実は、僕がカフェイン断ちをしようを思ったキッカケは、「常に何か焦りを感じていること」を治したかったからでした。

「遊んだりぐーたら寝たりするくらいならもっと有意義な時間の使い方をしなければ」「なんか、このままじゃダメな気がする」という気持ちが常にあって落ち着かなかったのです。

寝てる時以外は常に、と言っても過言ではないレベル。

「カフェイン中毒 症状」で調べたら「焦燥感・不安感」があることを知り、

うわ、俺のこの焦り・不安はカフェインのせいじゃね? 完全に俺、カフェイン中毒じゃね?

と思い、カフェイン断ちチャレンジを決心。

目論見どおり、カフェイン断ちをしたことで不安感・焦りは薄くなりました。

ゼロにはなりませんが、少なくとも理由もなく不安になったり焦ったりする感覚はありません。

朝方人間になった

今までは、夜中の2時3時までを学習時間にする → 仕事で家を出るギリギリまで寝る、という生活でした。

これが脱カフェインに成功してからは、23時〜24時には寝る → 朝6時に起きて1時間半を学習時間に使う、ということが自然とできるように。

今まで午前・午後でカフェインを摂りながら「夜早く寝て朝早く起きよう」と何度も挑戦しては挫折をしてきましたが、カフェインを断てば努力しなくても朝方人間サイクルに入れるんだ...と少し驚きです。

「自分は夜型人間で、絶対に朝早く起きるとか無理」とずーっと考えていたのはカフェインのせいでした(^^; 朝も昼も午後もそれだけカフェイン摂ってりゃ当たり前だろ!って感じですけど。

カフェイン断ちを実行する時のアドバイス

最後に、これからカフェイン断ちをしてみようと決心しかかっている同胞へ向けて、2点アドバイスを。

  1. 土曜からカフェイン断ちを始めよう
  2. カフェインレスコーヒーを利用しよう

ひとつずつ順番に。

1. 土曜からカフェイン断ちを始めよう

僕の体験からすると、カフェイン断ちの離脱症状は初日・2日目がもっともツライ。

ぶっちゃけ仕事なんて2日間まるで手に付かなかったので、平日にカフェイン断ちを始めると「頭痛・イライラ・無気力・気持ち悪さでキツいからもうカフェイン摂っちゃえ!」といきなり挫折する可能性が高いなーと考えました。

「激ツラな離脱症状もコーヒー1杯ですぐ治る」ということを身を持って体験してしまうと、カフェイン沼から抜け出す難易度が上がってしまいますので...。

土日をフイにするのはちょっともったいない気もしますが、平日仕事のストレスに離脱症状のストレスが重なった時の負担を考えると、土日を家で寝て過ごして最悪の2日間を抜けての月曜日をむかえた方がベターかと考えます。

2. カフェインレスコーヒーを利用しよう

僕はカフェイン断ちチャレンジの8日間、一切カフェインを摂取しないように気をつけていました。

それこそ、チョコレートやウーロン茶といった普段全く気にせず飲食するモノまで避ける徹底ぶり。

でも、頭が痛い・イライラする・集中できない...こんな我慢の限界は、かならず一度はおとずれます

カフェインレスコーヒーをナミナミいっぱい飲むことで、体が勘違いしてくれるプラシーボ効果を期待して飲んでみるのはアリ。

少なくとも、何も頼るものがないよりは全然マシです。僕は少し離脱症状が改善された3日目から飲み始めたので「一番ツラかった1日目と2日目に飲めたら良かったなぁ...」とすこし後悔。

なので「カフェイン断ちをこれから始める」というかたは、まず自宅台所や社内の給湯室にマイカフェインレスコーヒーを用意してからチャレンジすることをおすすめします。

↑TOP